平凡にする理由

 

WASHIZUKA GLASS STUDIO

2015年にハンドメイドで日用品を作るガラスブランドとして立ち上げました。

何を使うかより、どのように使うかを大切に、

使い道を想像しやすい素直な形を心がけています。

 

物質的なものではなく、自分という人に価値を置く

 

毎日を心地よく生活するとは、そういうことだと思います。

自分の好みに正直な自分らしい暮らし。

そこには、様々なスタイルに馴染む道具があればいいはずです。

シンプルで目立ちすぎず、そしてどんなシーンにも調和する

そんな平凡なガラスが生活には必要だと考えます。

 

 

 

Why mediocre

 

WASHIZUKA GLASS STUDIO was launched in 2015

as a handmade glass brand for daily necessities.

We value how to use rather than what to use,

and try to make it easy to imagine how to use it.

 

Put value on yourself, not material

 

I think Living comfortably every day is like that.

Living honest to your tastes.

What I need is a standard tool that adapts to various lifestyles.

That's why we make simple, unobtrusive, mediocre glass that fits in any scene.

 


WASHIZUKA GLASS STUDIO

 

代表 Director

鷲塚 貴紀  Washizuka Takanori

 

1971 富山県生まれ

1994 大阪芸術大学芸術学部卒

2000 The surrey institute 

    art and design university (U.K.) 修了

    富山市ガラス工芸センタ-勤務 

2004 独立

2015  WASHIZUKA GLASS STUDIO 設立

 

 

 

つくり手ファイル / Envelope